研究集会

総会03

プログラム:,

東京都保育問題協議会 総会を開催しました

第37回 2012年度の「東京都保育問題協議会 総会」が開催されました。
16地域団体5都の団体35人が参加しました。

総会 詳細

  • 日時: 2012/5/27(日) 13:00~16:30
  • 会場: 東京しごとセンター

保問協総会
前年度の決算報告、今年度の予算承認等の事項の他、
以下のことを討議しました。

運動・情勢資料

  • 「子ども・子育て新システム」関連法案-審議にあたって-全保連より
  • 衆議院社会保障と税-特別委員会委員名簿
  • 衆参国会議員紹介議員
  • 衆参国会議員要請書
  • 全国署名都道府県別資料
  • 全私保連ニュース
  • 「子ども・子育て新システムの関連法案に関する意見書」-日本弁護士連合会より
  • 「子ども・子育て新システム」に関する意見書を可決した地方議会の自治体名
  • 「総合こども園(仮称)」への株式会社参入について-全私学連合
  • 子どもの成長発達権を侵害する保育所面積基準の緩和を行わないよう求める会長声明-日弁連 会長 宇都宮 健児
  • 保育制度に関する緊急提言-東京都知事-石原慎太郎会の活動の概要

東京都保育問題協議会の活動の概要

  • 東京保問協 活動日程
  • 東京都予算要望書
  • 都議会 会派要請 東京都児童福祉施設の設備及び運営の基準に関する条例に対する要望
  • 東京保問協ニュース 運動・署名ひろげるニュース

総会 協議事項

  • 東京都保育問題協議会 会則
  • 2012年度活動 予定
  • 2012年度 亀井団体及び会費
  • 国会・都議会請願署名の取り組み
  • 「ちいさいなかま」の推移
  • 全国合研参加・44回標案「ちいさいなかま」目標(案)
  • 第26回全国保育所給食セミナー参加者数
  • 保育プラザ移転 特別募金の取り組み

全国保育団体の実方伸子さんが来賓あいさつで、「新システム」関連法案の国会を
めぐる情勢を短い時間で報告してくれました。
近藤会長はあいさつで、「新システム」関連法案について日本保育学会が8つの疑問を公表し、
そのなかで3点にわたって報告し、このような法案は通してはならないと強い決意をしめしてくれました。
事務局長から、2011年度の活動のまとめ、2012年度の活動方針、2011年度会計報告、
2012年度の予算(案)が提案されました。

討論の最初は世田谷つくしんぼ保育園の宮田さんからの発言です。
「世田谷区に保問協がないので、東京保問協の個人会員になりました。保育園のちいさいなかまの読者が
保護者に広がり、ちいさいなかま読者会にしたら保護者から「ちいなかカフェ」がいいと、
月1回くらいのペースで開いている。今は保護者がチラシをつくって保護者に「ちいさいなかま」広げている。
「ちいさいなかま」は保育にとってもいい学習材料だ。」

福保労
「4月14日から5月25日まで、国会請願署名宣伝行動にとりくみ、500人くらいの組合員が参加した。
行動するたびに、アイデアが出され広がってきた。5月25日に宣伝行動の締めくくりとして、猪熊弘子さんの学習会をした。」

練馬
「第29回東京合研集会が2013年5月26日(日)に練馬区の練馬文化センターで開催が決まった。
公私立の保育園で事務局をつくり開催にむけて準備をすすめている。
「公的保育を守る練馬連絡会」で保護者や団体と一緒に署名やパレードを行っている。」

調布
「保育料の見直し、公立保育園の民営化、「調布市総合保育計画」でだされ、パブリックコメントを提案してきた。」
など、新システムの動向が確定していないなかで、自治体の先取りが出てきています。
総会は、参加された団体から発言があり、団体が抱えている問題も出されました。
2012年度総会議案、2011年度の会計報告、2012年度の予算(案)度を確認しました。新役員が紹介されました。
近藤幹夫会長は、今期で退任されました。ありがとうございました。